ビジネスにおいて相手の心を動かすパワー

ビジネスでは相手の心を動かすパワーは、人数ではなく『全員一致』であることです。

上司に何かのビジネス案件の要求をするときは、部下の全員一致でお願いをすると、相手にとってもかなり強いプレッシャーになります。

自分としては、そのビジネス案件はあまり気が進まないという上司でも、全員一斉に頭を下げられれば、みんながそう言うなら、そうせざるを得ないと決意をすることになります。

このようおに、全員一致の集団圧力は、ビジネスシーンにおいても実に効果的な方法と言えるのです。

では、相手の心を動かすパワーは人数か、それとも全員一致か、ということを考えます。


ある集団圧力の実験があります。


7人の集団に質問をし、7人中6人がそろってウソのことを答えるのです。


このとき、残された1人は強い集団圧力を感じ、自分では間違いと思っていても、他の6人に合わせた答えを出した人が30%以上出てきました。
では、その6人のうちの1人だけが、ほかの5人が間違いの答えを出したときに、正しい答えを出したらどうなるか、です。

残された1人にまだ多数圧力はあるにはあるのですが、かなりパワーが落ちることが分かりました。
6人全員一致のときには30%を超えていた同調行動が、違う人が1人いるだけで、一気に10%に落ちたのです。
『他の人と違った意見を持った人がいる』という気持ちが同調行動の心理を弱めるようです。
つまり、全員一致というのは人数によるのではなく、それとは異質の絶対的パワーを持っているものです。
ビジネスシーンにおいて、誰かを多数で動かそうと思えば、1人や2人欠けても仕方がないとは諦めず、なんとか全員を取り込むことが相手の心に強く訴えるわけです。ビジネス会議などで、自分の意見を通したい、であるとか、皆で1つの意見を取りまとめて上司に訴えかけたいといったシチュエーションにおいては、このように『全員一致』を実現できるかどうかが非常に大きなポイントになるのです。

http://www.nikkei4946.com/ds/dstop/index1.html
http://www.radionikkei.jp/
http://www.nikkei-science.com/